仮面ライダーアマゾンズの谷口賢志が「俳優生命が終わってもいい」理由とは? | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

テレビ番組

仮面ライダーアマゾンズの谷口賢志が「俳優生命が終わってもいい」理由とは?

2016/06/30

 

仮面ライダーアマゾンズ、熱い熱すぎる!

今まで、アマゾンプライム限定配信だったので、見る人が限られていたかもしれないけど、

7月3日からのテレビ放送スタート【BS朝日(7月3日より毎週日曜深夜1:00~)、TOKYO MX(7月6日より毎週水曜22:30~)】を

きっかけに、本当にたくさんの人に見てほしいと思う。

 

絶対に、「鷹山仁」の魅力に憑りつかれるから。

「鷹山仁」を演じる「谷口賢志」という俳優を知ることができたことに感謝するから。

 

「これで俳優終わってもいい」そう思ったのだという。

それほどまでに、俳優人生17年の谷口賢志が惚れた鷹山仁という役。

17年間の俳優としての経験、演技力、生きてきたすべての時間を谷口賢志は、

「鷹山仁」に出会うためだったと思えるほどに愛している。

そう感じる。

 

「鷹山仁へ。君に逢うために生まれてきたんだと日々思っていたよ。ありがとう」

 

クランクアップの日に、谷口賢志がつぶやいた言葉。

この一言がいかに、鷹山仁を愛しているか、全身全霊で演じてきたか表している。

こんな風に思える役に、作品に出会える俳優はきっと多くはない。

そして、それを谷口賢志という俳優はよくわかっている。

このためだけに生きてきた。そうはっきり言えるほどに鷹山仁にすべてを注いでいる。

 

いや、ほんっとに、かっこいいです!

谷口賢志という俳優は。

熱い男です!

 

仮面ライダーなのに、恋人、泉七羽に養われる「ヒモ」であり、「飲んだくれ」という設定でありながら

それでも、こんなに熱くアマゾンアルファ、鷹山仁を演じることができるのは、

やっぱり、谷口賢志という俳優の持つ演技への情熱がなせる技なんだろう。

 

野生ライダーなのに、泉七羽の前では「フニャ男」なギャップに萌える!

仮面ライダーでは、野生を演じ、たくましい男でありながら、

恋人、泉七羽の前では、フニャフニャしちゃう!

このギャップはやばい。

これにはまる女子は多いはず!

 

演技ではなく、本当に自然に、泉七羽への愛情が溢れている空気。

いかに、彼女を愛しているか、大切に想っているかをそのまなざしで、その声で表現している。

 

好きな女性の前では、潔く「ヒモ」でいることを楽しんでいるような雰囲気さえ感じる。

そんな鷹山仁を、恋人泉七羽も愛おしく思っているんだろうと思えるほど、ふたりの恋人としての空気感はリアル。

自分だけに見せる、ちょっとダメな部分。甘える声。

そういうギャップには、グッとくるもんだよねぇ。

うまい、うますぎるよ。仁さん。

 

鷹山仁と泉七羽の切なくもコミカルなやりとりは必見!

ただの戦隊モノとして、仮面ライダーアマゾンズを見るのではなく、ひとつのラブストーリーとしても

楽しんでほしい。

そう思えるほどに、鷹山仁役の谷口賢志と泉七羽役の東亜優の演技は素晴らしい。

とてつもなくリアル。

本当に素晴らしい俳優陣で作られた作品だと思う。

このふたりのやりとりを通して見る、人喰いアマゾンとして生きる仁、恋人と幸せな時間を過ごしたい人間としての仁の葛藤も

それを凛とした強さをもって見守る七羽の心情も、この作品の醍醐味。

ぜひとも、このふたりのやり取りに注目してほしい!



Sponsored Link



-テレビ番組