羽生結弦の平昌金メダルは1000個目!冬季金メダル1号は誰? | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

平昌オリンピック2018冬季

羽生結弦の平昌金メダルは1000個目!冬季金メダル1号は誰?

Sponsored Links

 

 

羽生結弦選手が2014年のソチ五輪の金メダルに続き、

2018年ピョンチャンオリンピックでも金メダル獲得しましたね!!

本当に日本中が大興奮の瞬間でした。

 

羽生結弦選手にとっての2連覇だけでなく

66年ぶりの金メダル連覇でしたが

それだけじゃなかったんですね。

 

なんと冬季オリンピック以来1000個目の記念すべき金メダルが

羽生結弦選手が2018年の平昌オリンピックで獲得した

金メダルだったんです!!

 

平昌オリンピックの公式サイトで

羽生結弦選手の素敵な写真と共に

どのように紹介されていたのかご紹介します!

 

Sponsored Links


 

羽生結弦選手の平昌オリンピック金メダルは1000個目の金メダルだった!


画像元:https://www.olympic.org/

 

平昌オリンピック委員会の公式サイトでは、

上の写真とともに、

羽生結弦選手が1000個目の金メダルを獲得したことを伝えています。

かっこいい写真を使ってくれましたね!

 

 

 

もうなんといううれしい事実なんでしょう!!

冬季オリンピック金メダル第1号は、1924年。

それから94年という時間を経て、

1000個目の金メダルは、

ほかの誰でもない羽生結弦選手の下に。

 

羽生結弦の名前はオリンピックの歴史に

1000個目のメダル獲得者として記録に残されます。

 

なんてうれしいサプライズなんでしょうね!!

この金メダルがほかの誰でもなく

羽生結弦選手でよかったなぁと感動しました!!

 

怪我にも負けず、頑張った羽生結弦選手への

神様からの贈り物ですね。

 

 

冬季オリンピック金メダルの第一号は誰だった?メダルデザインは?

羽生結弦選手で1000個目の冬季オリンピック金メダル。

 

冬季オリンピックで第一号の金メダルは、

1924年1月26日のフランス、シャモニー大会

500mスピードスケートアメリカ代表 チャールズ・ジュートロー(Charles Jewtraw)でした。

 

シャモニー大会は16か国が参加し、

92人の参加選手と104種目のメダルを目指して行われました。

 


画像元:https://www.olympic.org/news/hanyu-wins-the-thousandth-olympic-winter-games-gold-medal-event

 

そのときの金メダル(1924年シャモニー大会)のデザインはこちらです。

直径は5.5cmだったので平昌オリンピックのメダルの92.5㎜よりもずいぶん小さかったんですね。

ほぼ半分くらいの大きさでしょうか。

 

 

1924年シャモニー大会の冬季オリンピック金メダルデザイン

 


画像元:https://www.olympic.org/chamonix-1924-medals

 

メダルデザインのデザイナーは、Raoul BENARD。

メダルのデザインは、

両手を広げて、右手にはスケート靴のペアを、

左手にはスキー板を持っています。

 

背景には、アルプスとモンブランが描かれています。

 

でも!!

オリンピックの五輪マークが入っていないんですよ!!

 

 

 

ちなみに999個目の金メダルは

平昌オリンピックアルペンスキー女子のチェコのエステル・レベツカ選手でした。

 

 

まとめ

羽生結弦選手の前に999人の金メダリストがいて、

11月に怪我をして以来、2か月も氷に乗れない状態で迎えた

オリンピック本番。

しかも、悲願の金メダル2連覇がかかる大会で

これほどの結果を出せた羽生結弦選手だからこそ、

1000人目の金メダリストが羽生結弦選手でよかったと思います。

 

羽生結弦選手へのご褒美ですね!!

 

こんな形でオリンピックの歴史に名を遺す羽生結弦選手は

日本の誇りです!

 

Sponsored Links

-平昌オリンピック2018冬季