平昌オリンピックのメダルの値段と材質をリオ五輪メダルと比較! | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

平昌オリンピック2018冬季

平昌オリンピックのメダルの値段と材質をリオ五輪メダルと比較!

Sponsored Links

 

平昌オリンピックで続々と日本勢もメダルを獲得していますが

今回の平昌オリンピックのメダルはいったいいくらなのでしょうか?

リオ五輪の金銀銅のメダルと平昌オリンピックの金銀銅メダルの値段を

比較してみます!

 

オリンピックによって

材質などの違いはあるのかなど気になる点もありますね。

 

2020年の東京オリンピックでは

金銀銅のメダルの値段はいくらになるのか

今後の比較のためにも

 

2016年の夏季リオオリンピックと2018年冬季平昌オリンピックのメダルの値段を

比較してみます。

 

Sponsored Links


 

2018年平昌オリンピックのメダルの値段はいくら?



 

アメリカドルでの平昌オリンピックのメダルの値段になりますが

今回の平昌オリンピックの金銀銅、それぞれのメダルの値段は、

 

 

金メダル $577

銀メダル $320

銅メダル $3.50

 

日本円に換算すると

1ドル106円で計算して

 

金メダル 61294円

銅メダル 33993円

銅メダル 371.80円

 

 

金メダルが約6万円近いのに対して

約半分の銀メダル、

銅メダルの3ドル50セントはコーヒー代程度…

 

銅メダルは

金と同じと漢字では書きますが

金メダルと銅メダルの値段は全く違いますね!

 

 

では、平昌オリンピックのメダルの値段がわかったところで

2016年、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたリオオリンピックの

メダルの値段と比較してみましょう。

 

 

2018年平昌オリンピックのメダルと2016年リオオリンピックのメダルの値段の比較表


 
2018平昌オリンピック 2016リオオリンピック
金メダルの値段 $577 $600
銀メダルの値段 $320 $325
銅メダルの値段 $3.50 $3
 

まぁほとんど変わりませんが

金メダルと銀メダルは

リオオリンピックのメダルのほうが値段が高く、

銅メダルは、50セントだけですが

平昌オリンピックのメダルのほうが高いという結果でした。

 

ちなみに、2012年のロンドンオリンピックでは、

金メダルの値段は、708ドルほどだったそうです。

 

 

 

2018平昌オリンピックのメダルの重さ

金メダル 586g

銀メダル 580g

銅メダル 493g

 

金メダルの重みとよく言いますが

実際に金、銀、銅の3つのメダルの中で一番重いのは金メダルなんですね!!

 

 

 

メダルの値段に差がでる可能性には、

オリンピックメダルの材質が影響していると思われるので

平昌オリンピックのメダルとリオオリンピックのメダルの材質を比較してみましょう。

 

 

2018年平昌オリンピックのメダルと2016年リオオリンピックのメダルの材質の比較表

オリンピックのメダルの材質は、

毎回オリンピックごとに違っているんですって。

 

今回の平昌オリンピックのメダルの材質は

どうなんでしょうね。

 
2018平昌オリンピック 2016リオオリンピック
金メダルの材質 1%の純金(6gの金)、92.5%銀、 1.2%の純金(6gの金)、92.5%の銀、6.16%の銅
銀メダルの材質 99.9%以上の銀 100%銀製
銅メダルの材質 90%の銅、10%の亜鉛 95%の銅、5%の亜鉛
 

【豆知識】

オリンピック委員会は、

金メダルには最低6gの純金を使用しなければいけないという規則があります。

 

平昌オリンピックのメダルとリオオリンピックのメダルの材質に大きな差はありませんでしたね。

 

2020年の東京オリンピックではリサイクル素材なども

使われると思いますが

この2大会のメダルと材質の差があるかどうか

また比較してみたいですね。

 

 

過去のオリンピックで一番高価な金メダルはいつの大会?


 

1912年ストックホルム夏季オリンピック

過去のオリンピックで一番金メダルの値段が高い最後のオリンピックでした。

 

なんと純金100%の金メダルが授与されていたんです。

 

純金100%の金メダルのお値段は、

今の金の価値でいうと

 

25000ドル

 

日本円にすると、

2,651,916.70 円

 

約265万円の金メダル。

 

今の金メダルは、約6万円ですからねぇ…。

 

1912年ですから今から106年前の時代では

純金の金メダルの価値は計り知れないものだったでしょうね。

 

 

まとめ

2018年の平昌オリンピックのメダルと

2016年のリオオリンピックのメダルの値段や材質に大きな差はありませんでした。

 

次のオリンピックは、

2020年の東京オリンピックです!

 

メダルの値段もそうですが、

どんなメダルのデザインになるのか

誰がデザインを担当するのか本当に楽しみですね!!

 

 

 

Sponsored Links

-平昌オリンピック2018冬季