天は赤い河のほとりが宝塚宙組で舞台に!カイルとユーリ主演は? | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

エンタメ

天は赤い河のほとりが宝塚宙組で舞台に!カイルとユーリ主演は?

Sponsored Links

篠原千絵さんの「天は赤い河のほとり」が舞台化されるんですって!

宝塚歌劇団の宙組で舞台化されるんですが、

カイルと夕梨の主演を演じるのは誰か気になる。

 

私、このシリーズ大好きで全巻持ってました。

歴史好きな人も楽しめるラブロマンス。

カイルとユーリのもどかしい恋愛や、

史実に沿った登場人物などただの少女漫画とは言えない

深い漫画でした。

 

篠原千絵さんの漫画はほとんど持っていましたが

天は赤い河のほとりは一番好きだったな~

 

Sponsored Links


 

【天は赤い河のほとり】宝塚歌劇団宙組の公演詳細、前売り発売日

 

宝塚大劇場:2018年3月16日(金)~4月23日(月)

一般前売:2018年2月17日(土)

 

東京宝塚劇場:2018年5月11日(金)~6月17日(日)

一般前売:2018年4月8日(日)

 

 

宝塚歌劇団宙組で舞台化される【天は赤い河のほとり】のストーリーは?

篠原千絵さんの『天は赤い河のほとり』は

1995年に「少女コミック」で始まってから2002年に完結するまで

単行本28巻、文庫本16巻という超大作だったんですよね。

 

気になるのは、この長~いストーリーをどうやって舞台化するのか?

どの部分のストーリーが採用されるのかなんですよね。

 

やっぱり、カイルとユーリが出会う場面は必須だと思うし、

最後に結ばれるのももちろん描きたいですよね。

 

となると、どのエピソードが舞台化されるんだろう??

予想は、

 

ユーリを召喚したナキア皇妃とのエピソード

カイルの忠臣イル=バーニ

カイル皇子の異母兄弟ザナンザ皇子

エジプトのラムセスとの三角関係

ユーリを慕う忠臣ルサファ

 

このあたりは絶対に盛り込まれるんじゃないかな~??

 

宝塚歌劇団のHPにきっと公演の概要があるんじゃないかとチェックすると

紀元前14世紀、古代オリエントのヒッタイト帝国。優れた才能と血筋で世継ぎと目される第3皇子カイルは、呪術の形代としてタイムスリップさせられた現代の女子高生、鈴木夕梨(ユーリ)と出会う。彼女を召喚したのは、自分が産んだ皇子に皇位を継がすため、他の皇子を亡き者にしようと画策する皇妃(タワナアンナ)、ナキアであると知ったカイルは、ユーリの身を守るため側室として傍に置く。正義感に溢れ、現代的な感覚で物事を捉えるユーリは、次第に民衆の心を掴み、戦いの女神イシュタルとして崇拝されるようになる。そんなユーリをいつしか深く愛するようになっていたカイルは、彼女を正妃に迎え理想とする国創りに邁進したいと考え、ユーリもまたカイルと共に生きることを願う。だが、ユーリの帰還や強国ミタンニやエジプトとの対立、そしてナキアの陰謀など、二人の前に様々な障壁が立ちはだかっていた……。
古代オリエントを舞台に繰り広げられる、ロマンティックな歴史ファンタジーに、真風涼帆を中心とした新生宙組が挑みます。

引用元:http://kageki.hankyu.co.jp/news/20170822_002.html

 

かなり内容が濃い公演になりそうですね。

ほぼ全体を通した流れでなりそうな感じでまとめられています。

 

 

【天は赤い河のほとり】宝塚宙組で主演カイルとユーリを演じるのは誰?

宝塚歌劇団宙組により舞台化される【天は赤い河のほとり】でカイルとユーリを演じるのは誰でしょう?

 

次期宙組を担う次期トップスターと紹介されていた真風 涼帆さんがカイルを演じ、

星風 まどかさんがヒロイン、ユーリを演じます。

 

 

主演:カイルを演じる真風 涼帆


引用元:http://kageki.hankyu.co.jp/star/makaze_suzuho.html

次期トップスターなんですね。

 

主演:ユーリを演じる星風 まどか


http://kageki.hankyu.co.jp/star/hoshikaze_madoka.html

 

次期トップ娘役の星風まどかさんは

とってもキュートなどちらかというと童顔なところが

ユーリっぽいかも?

 

 

どうですか?

カイルとユーリのイメージにあってました??


真風 涼帆さんのカイルはかなりカイルっぽいと思いました!

面長なところがイメージにあってます。

 

 

まとめ

篠原千絵さんの天は赤い河のほとりが約20年も前の作品でありながら

その魅力が色あせないことに激しく納得してしまうんですが、

私も年を取ったんですねぇ・・・。

 

青春まっさかりで読んだ天は赤い河のほとり。

当時はちょっと刺激的な場面もあり、ドキドキしたなぁ。

新刊が待ち遠しくて、発売日に本屋に行くのが楽しみだった!

 

今みたいにKindleなどで読める時代じゃなかったから

ページをめくりながら、まだ読み終わりたくない!!みたいな切ない気持ち。

懐かしい~。

 

篠原千絵さんの【天は赤い河のほとり】ファンなら絶対読みたい

16世紀トルコ(オスマン帝国)の後宮を描いた

「夢の雫、黄金の鳥籠」も気になるんですが

24時間育児中の身ではなかなか時間が・・・。

一気に全巻読める日を楽しみにしてます。

 

 

篠原千絵さんの作品をAmazonでチェック!

私は海の闇、月の影も好きです。

 

 

Sponsored Links

-エンタメ