平昌パラリンピック参加国名・男女選手数&過去メダル獲得数一覧表 | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

平昌パラリンピック2018冬季

平昌パラリンピック参加国名・男女選手数&過去メダル獲得数一覧表

Sponsored Links

 

2018年平昌パラリンピックに参加する国の数、

参加する国の名前や参加選手数(男女)、

過去の冬季パラリンピックでの獲得メダル数、

初めて参加したパラリンピック大会名など

まとめてみました。

 

平昌オリンピックでは92か国の参加国、参加選手2925名でしたが、

パラリンピックの参加国数や選手数は

どうなんでしょうか?

 

平昌オリンピックは開催期間が17日間に対し、

平昌パラリンピックの開催期間は10日間と

1週間も短いのであっという間ですね。

 

Sponsored Links


 

2018年平昌パラリンピックの参加国数と参加選手数


 

参考までに

平昌オリンピックの参加国数は92か国、

参加選手数は2925名。

 

そのうち日本の参加選手は、

選手124人(男子52人、女子72人)

役員145人。

合計269人。

 

平昌オリンピックは、

過去の冬季オリンピックで過去最多の出場国数、出場選手数を記録しました。

 

 

平昌パラリンピックの参加国数は、

50カ国・地域

 

参加選手数 672人

女性選手数 166名

男性選手数 481名

 

 

パラリンピックの参加国、出場選手数では

平昌パラリンピックも冬季パラリンピックの過去最多となります。

 

ちなみに、日本の選手数は、

 

女性7名

男性36名

 

合計43名です。

 

 

 

2018年平昌パラリンピックの参加国の国名&参加選手数&過去メダル獲得数&初参加パラリンピック大会一覧表

平昌パラリンピックに参加する49か国はどこの国なんでしょうか?

参加選手の男女それぞれの数と、

過去の冬季パラリンピックでの金銀銅メダル獲得数と

最初に参加したパラリンピック大会もまとめます。

 

この表でわかることは、
  • 参加国数
  • 参加選手数(男女それぞれ)
  • 過去の冬季パラリンピックメダル獲得数(金銀銅)
  • 初めて参加したパラリンピック大会
 

 

 
国名 参加競技種目 女性 男性 過去金メダル数 過去銀メダル数 過去銅メダル数 合計メダル数 初参加大会
1 アンドラ アルペンスキー  0  1 1  0 0 0 0  2002ソルトレイクシティ
2 アルゼンチン スノーボード・アルペンスキー  0  2 2  0 0 0 0  2010バンクーバー
3 オーストラリア  アルペンスキー・スノーボード  3  9 12  11 3 13 30  1980ヤイロ
4 アルメニア  クロスカントリー  0  1 1 0 0 0 0 1998長野
5 オーストリア  アルペンスキー・クロスカントリー・スノボ  3  10 13  104 113 108 325  11回の全大会に参加
6 ベラルーシ  バイアスロン・クロスカントリー  9  10 19  4 7 12 23  1994リレハンメル
7 ベルギー  アルペンスキー  1  1 2  0 0 1 1  1976トロント
9 ボスニアヘルツェゴビナ  アルペンスキー  1  0 1  0 0 0 0  2010バンクーバー
10 ブラジル  クロスカントリー・スノボ  1  2  3  0 0 0 0  2014ソチ
11 ブルガリア  クロスカントリー  0  1 1  0 0 0 0  1994リレハンメル
12 カナダ  全種目  15  43  58  43 43 49 135  1976エルンシェルツビク
13 チリ  アルペンスキー  0  4  4  0 0 0 0 2002ソルトレイクシティ
14 中国  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ・カーリング  8  23  31  0 0 0 0 2002ソルトレイクシティ
15 クロアチア  アルペンスキー・クロスカントリー・スノボ  1  6 7  0 0 0 0 2002ソルトレイクシティ
16 チェコ  アルペンスキー・ホッケー  1  20 21  5 5 5 15 1994リレハンメル
17 デンマーク  スノボ  0  1 1  2 1 3 6 1980ヤイロ
18 フィンランド  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ・カーリング  4  10 14  76 48 59 183 1976エルンシェルツビク
19 フランス  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ  2  12 14
20 ジョージア  クロスカントリー  1  1 2  2018平昌・初参加
21 ドイツ  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・カーリング  15  13 28  98 71 67 236  1992アルベールビル
22 グレートブリテン  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ・カーリング  5  10 15  1  9  17  27 1976エルンシェルツビク
23 ギリシャ  スノボ  0  1 1  0  0  0  0 2002ソルトレイクシティ
24 ハンガリー  アルペンスキー・クロスカントリー  1  1 2  0  0  0  0 2002ソルトレイクシティ
25 アイスランド  アルペンスキー  0  1  1  0  0  0  0 1994リレハンメル
26 イラン  クロスカントリー・スノボ  2  3  5  0  0  0  0 1998長野
27 イタリア  アルペンスキー・クロスカントリー・ホッケー・スノボ  0  25 25  12  20  29  61 1980ヤイロ
28 日本  全種目  7  36 43  20  28  32  80 1976エルンシェルツビク
29 カザフスタン  バイアスロン・クロスカントリー  1  7 8  0  1  0  1 1994リレハンメル
31 北朝鮮   2018平昌・初参加
31 韓国  全種目  4  36 40  0  2  0  2 1992アルベールビル
32 メキシコ  アルペンスキー  0  1 1  0  0  0  0 2006トリノ
33 モンゴル  クロスカントリー  0  1 1  0  0  0  0 2006トリノ
34 オランダ  アルペンスキー・スノボ  5  4 9  3  4  4  11 1984インスブルック
35  Neutral Paralympic Athletes (NPA)としてロシア  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ・カーリング  26  13  39
36 ニュージーランド  アルペンスキー・スノーボード  0  3 3  15  6  7  28 1980ヤイロ
37 ノルウェー 全種目 6  28  34  135  103  81  319 1976エルンシェルツビク
38 ポーランド  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・スノボ 2  10  12  11  6  27  44 1976エルンシェルツビク
39 ルーマニア  スノボ  0  1  1  0  0  0  0 2010バンクーバー
40 セルビア  クロスカントリー  0  1  1  0  0  0  0 2010バンクーバー
41 スロバキア  アルペンスキー・カーリング  3  8  11  9  17  18  44 1994リレハンメル
42 スロベニア  アルペンスキー  0 1  1  0  0  0  0 1998長野
43 スペイン  アルペンスキー・スノボ  1  2  3  15  15  11  41 1984インスブルック
44 スウェーデン  アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリー・ホッケー・カーリング  2  23  25  26  32  41  99 1976エルンシェルツビク
45 スイス  アルペンスキー・クロスカントリー・カーリング  3  10  13  50  55  48  153 1976エルンシェルツビク
46 タジキスタン  クロスカントリー 0  1  1 2018平昌・初参加
47 トルコ  アルペンスキー  0  1  1  0  0 0  0 2014ソチ
48 ウクライナ  バイアスロン・クロスカントリー・スノボ  12  27  39  20  34  36  90 1998長野
49 アメリカ合衆国  全種目 20 56  76  98  104  77  279 1976エルンシェルツビク
50 ウズベキスタン クロスカントリー  1  0  1  0  0  0  0 2014ソチ
 計  166  481  647
 

 

パラリンピック公式サイトでの日本チームの紹介動画(英語)



 

平昌パラリンピックが初めてのパラリンピック参加になる国

ジョージア、北朝鮮、タジキスタンの3か国です。

 

過去最多参加の平昌パラリンピック。

平和の祭典として、

たくさんの国が参加できることは大きな意味がありますね!

 

北朝鮮が、初めてパラリンピックに参加するというのは、

核廃絶を目指すという点でも大きな意味を持つことになりそうです。

世界とつながろうという意思があるということは大きいですよね。

 

 

平昌パラリンピック参加選手人数が一番多い国トップ3

1位 アメリカ合衆国 76名

2位 カナダ 58名

3位 日本 43名

 

 

なんと日本が3位になりました!!

 

 

平昌パラリンピック参加国で過去の冬季パラリンピックメダル獲得数が一番多い国トップ3

 

1位 オーストリア 325個

2位 ノルウェー 319個

3位 ドイツ 279個

 

雪の多い地域は、

やはりウィンタースポーツに強いのかもしれませんね!

 

 

まとめ

平昌パラリンピックの参加国数は50か国と過去最多になりました。

開会式の入場行進も盛り上がりそうです。

いろいろな形のハンデに負けず、

自分の限界に挑む選手の姿勢から学ぶことはたくさんあります。

 

オリンピックのようにもっともっとパラリンピックが盛り上がるといいですね。

 

 

Sponsored Links

-平昌パラリンピック2018冬季