カール祐介ケルナーモデルのワイセンベルクの病気はパーキンソン病 | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

黒柳徹子

カール祐介ケルナーモデルのワイセンベルクの病気はパーキンソン病

Sponsored Links

 

ドラマ トットちゃん!で

城田優さんが演じるカール・祐介・ケルナーが

コンサートを開催しながらも演奏できず、

パリに帰国し、

彼の手が震えていたことから

トットちゃんは「脳腫瘍」を疑うところで

終わってしまいましたが、

 

もしかしたら、

ドラマでは脳腫瘍の手術をして

カール・祐介・ケルナーは全快する??

 

 

カール・祐介・ケルナーのモデルと言われる

アレクシス・ワイセンベルクも病気と闘いました。

 

 

アレクシス・ワイセンベルクの病気は

パーキンソン病でした。

 

どんな風にワイセンベルクはパーキンソン病と闘ったのか

何らかの記事が残っていないかと調べてみました。

 

晩年、黒柳徹子さんは

恋人、アレクシス・ワイセンベルクに会えたのでしょうか?

彼の病状によっては叶わなかったのではないかと

気になります。

 

Sponsored Links


 

黒柳徹子のピアニストの恋人 アレクシス・ワイセンベルクはパーキンソン病だった


 

ドラマ トットちゃん!で

城田優さん演じるカール・祐介・ケルナーは

どうやら脳腫瘍ではないかと思われる展開になっています。

脳腫瘍のために手に震えが出て

ピアノが弾けないという状態になっていくのではないか?と推測されるのですが、

 

カール・祐介・ケルナーは、

脳腫瘍の手術を受けることができるのか、

完治してハッピーエンドになるのか

どこか祈るような気持ちもあるのですが、

実際の黒柳徹子さんの恋人は、

 

2001年のコンサートを最後に、

10年、パーキンソン病と闘ったといわれます。

長い間、パーキンソン病に苦しんだと英語で記述されている記事が多数でした。

 

 

アレクシス・ワイセンベルクが死去したのは、

2012年1月8日。

表舞台から遠ざかり、10年ほどパーキンソン病と闘う間、

黒柳徹子さんは彼が住むスイスを訪れることができたでしょうか?

 

 

黒柳徹子さんの恋人、

アレクシス・ワイセンベルクのパーキンソン病の病状がどうだったのか

どこかに記述している記事はないかと調べてみましたが、

どのような病状で、

闘病中の記事などは見つかりませんでした。

 

 

パーキンソン病ってどんな病気?

パーキンソン病は、特に65歳以上に多いという病気だといいます。

 

原因は、

脳内のドパミン神経が減少し、神経伝達物質ドパミンの量が減り、

運動の調節がうまくできなくなり、

 
  • 手の震え
  • バランスがとれなくなる
  • 筋固縮が見られる
  • 動作が小さくなる
 

などの症状がみられ、

ほかにも
  • 頭痛
  • 睡眠障害
  • うつ
  • 認知症
  • 便秘
  • 嗅覚障害
の症状を発症することも多く

進行がゆっくりで

寝たきりになることも多い病気だったんですが

 

今では治療薬が開発され、

早期に発見、治療することで

進行を遅らせることができるようになってきているそうです。

 

 

アレクシス・ワイセンベルクも

治療を受けていたのではないかと推測できますが、

2001年ごろにパーキンソン病になった頃は

効果的な治療薬ができていたのか気になります。

 

 

ピアニストのワイセンベルクにとって

手の震えがでることはつらいことだったでしょう。

 

そんな恋人を近くで支えることができなかった

黒柳徹子さんの心情を思うと、

それもまたつらかったでしょうね。

 

黒柳徹子さんといえば、

交友関係に永六輔さんがいますが、

彼もまた2010年パーキンソン病を公表していました。

治療を受け、かなり状態が改善されていたといいます。

2016年に83歳で死去。

 

 

黒柳徹子はピアニスト恋人 アレクシス・ワイセンベルクの晩年会いに行けた?


 

黒柳徹子さんは、

徹子の部屋以外にも、
  • 1978年~1989年 はザ・ベストテンの司会
  • 1986年~ ふしぎ発見
  • 2006年~2009年 ドリーム・プレス社 司会
 

など数多くの番組の収録が押し寄せていました。

 

恋人アレクシス・ワイセンベルクの

2001年頃~2012年のパーキンソン病闘病中は

スイスまで会いに行くことができていたのか

気になり、黒柳徹子さんの過去の出演番組やレギュラー番組を

チェックしてみると、

 

2010~2012年頃は

比較的レギュラー番組での司会などが少ないように思えました。

できる限り時間を作ってスイスまで会いに行っていたのかもしれませんね。

 

一緒に時間を過ごせたといいなと思います。

 

 

まとめ

黒柳徹子さんの生き方は、

信念があり、自分のためだけでなく

難民支援やユニセフの活動など人のためにも

努力されている、素敵な人生だと思います。

 

人に愛された黒柳徹子さんが

愛した恋人と幸せな時間を過ごし、

ワイセンベルクの死去の報告を受けたとき

きっと悲しみを隠し、テレビに出演していたのかと思うと、

トットちゃんは本当に強い人ですね。

 

これからの黒柳徹子さんにたくさんに幸せが訪れますように。

そんな気持ちになる黒柳徹子さんの恋物語でした。

 

 

Sponsored Links

-黒柳徹子