桂文枝愛人夏目恵美子は誰?本名は?神戸の日舞の先生と八重歯が鍵 | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

男性有名人

桂文枝愛人夏目恵美子は誰?本名は?神戸の日舞の先生と八重歯が鍵

Sponsored Links

 

また…懲りずに…としか言えない桂文枝師匠のデイリー新潮による愛人報道。

また愛人から暴露されましたね。笑

2016年の去年3月、紫艶さんとの20年不倫が暴露されたばかりの翌年の2017年。

クリスマスも終わり、あとはお正月を待つだけというこの時期に

 

8年交際の愛人から卑猥なメールの内容画像と

電話音声の暴露という何とも気の毒なお正月を迎える桂文枝師匠。

 

 

電話の音声、妻が聞いたら即離婚!じゃないのというような

恥ずかしい内容。

 

もう…

 

去年の紫艶さんの不倫暴露騒動で懲りたんじゃないの??

 

しかも、

8年交際の仮名 夏目恵美子さんと

20年交際の紫艶さんの交際時期がかぶっている。

 

これは、

紫艶さんの反応に注目が集まります。

まさかの二股不倫に激怒して

紫艶さんから新たな画像などが暴露される可能性だってあるかもしれない?

 

 

ところで、今回の8年交際したという愛人、

夏目恵美子さんという名前は仮名だそうですが

本名が気になります!

 

報道と画像から

  • 日舞の先生
  • 神戸在住
  • 56歳
  • 八重歯が特徴的
  • 小柄
というキーワードが浮かび上がってきたので

これらの条件から

桂文枝師匠の8年交際愛人、夏目恵美子さんの本名を調査してみます!

 

Sponsored Links


 

 

桂文枝師匠の8年交際愛人、神戸在住の夏目恵美子って誰?本名は?


画像元:デイリー新潮

 

↑この写真は夏目恵美子さんがまだ40代の頃の写真のようですが、

20代前半でも行けそうな若さ!!

髪型とその髪の艶は10代後半と言われても不思議じゃないかも??

 

 

今回の桂文枝師匠の8年交際愛人、夏目恵美子さんに関する情報をまとめると

 
  • 神戸在住
  • 56歳
  • 日舞の先生
  • 小柄
  • 八重歯がチャームポイント
 

 

 

夏目恵美子さんと桂文枝師匠の出会いは、2008年12月。

大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」を訪れた恵美子さんが

たまたまそこにいた桂文枝師匠と写真を撮ってもらい

その写真を恵美子さんのメールに送ってもらったことがきっかけ。

 

この時点で、

桂文枝師匠が自分の携帯のカメラで写真を撮ったのではないかと思いますが

その写真を送りたいからと恵美子さんの連絡先を聞いているところに

下心をめちゃくちゃ感じます。

 

たぶん恵美子さんはとても美人なのでは?

和服の似合う和風美人のようです。

 

 

そして、

「また明日も来てね」と言われた恵美子さんが

翌日、訪れると会長室に手を取って通され、

 

恵美子さんが作った料理の写真を

桂文枝師匠に送ると

食べたい!と言った師匠が

弟子を連れて、恵美子さんの部屋を訪れ、

料理を楽しんだそうです。

 

その後は、桂文枝師匠1人で恵美子さんの部屋を訪れるように。

 

最初は、

 

桂文枝師匠が部屋に来ると、

マッサージをしてあげてキスをして添い寝するだけだったのが、

 

とうとう2人の関係は男女の仲に。

 

 

恵美子さんの母親が厳しかったことから

恵美子さんは、男性経験がなく

桂文枝師匠が初めてだったそうです!!

 

 

2017年時点で57歳の夏目恵美子さん。

出会った2008年は、今から9年前なので

恵美子さんは46歳にして初めての経験だったのですね。

 

 

桂文枝師匠は現在74歳なので

出会った当時は、63歳。

その当時から、

 

「将来は一緒に暮らして俺の介護をしてほしい。」

 

と桂文枝師匠に言われていたらしいのですが

それで、夢心地になっていたと語る恵美子さん。

 

いや、ふつうはドン引きでしょ?!

燃え上がる不倫の恋、

将来は介護してほしいなんて言われたらソッコー逃げてもおかしくない。

 

たぶん恵美子さんは

心がきれいで純粋な女性なのでしょう…。

 

そんな薄幸の美人、

夏目恵美子さんって誰?

本名は?

 

 

すでに明らかになっている条件から

何かわかるかもしれないと思い、

調べてみました。

 

 

夏目恵美子(仮名)は神戸の日舞の先生


 

神戸にある日舞教室はどのくらいあるのか調べてみました。

 

ジモティーの兵庫県版で

 

「日舞教室」を検索すると

意外に少ない!!

 


 

 

夏目恵美子(仮名)さんという女性が

日舞教室を主宰しているのか、

あくまで”日舞の先生”としてパートタイム、またはフルタイムで

働いているのかによりますね。

 

もしも、日舞教室を主宰する日舞の先生なら

大々的に名前も出たりするかもしれませんが・・・

 

 

ここでふと、

兵庫県芦屋市の「穂の花 honoka」という教室の女性に目がいきました。

花柳 旭弥(はなやぎきょくや)さんという方。

 

この前髪どっかで見たことある!!

 


画像元:週刊新潮の記事

 

花柳 旭弥(はなやぎきょくや)さんのプロフィールには、

チャームポイントはほっぺのほくろとありましたが、

夏目恵美子(仮名)さんのほっぺにほくろがあるか写真では確認できません。

 

花柳 旭弥(はなやぎきょくや)さんの誕生日は、

6月だそうですが

生まれた年は秘密。

ただ、ねずみ年生まれとのこと。

 

ねずみ年の年齢は、

満33歳、満45歳、満57歳あたりが該当しそうです。

花柳 旭弥(はなやぎきょくや)の名前をもらってから23年とのことでした。

 

 

桂文枝師匠の8年交際の愛人、

夏目恵美子(仮名)さんは56歳と言われていますが

もし57歳であったのなら可能性はあるかもしれないかもしれない?と

思ったのですが、

 

この女性には娘さんがいらっしゃいますので

完全な人違い。

 

神戸の日舞教室の先生というキーワードでは

夏目恵美子(仮名)さんらしい女性にはたどり着きませんでした。

 

 

神戸の日舞教室に通っている人で、

日舞の先生が八重歯がチャームポイントの先生だったら

もしかして??と思う人からの情報が出てくるかもしれませんね。

 

 

 

まだまだ夏目恵美子(仮名)さんからの暴露は続くかも?

夏目恵美子が桂文枝との8年愛人・不倫を暴露した理由は?目的は?
 

 

まとめ

桂文枝師匠の8年交際の愛人、

夏目恵美子(仮名)さんの本名はまだわかっていませんが、

かなり個人情報がわかっていますし、

何より、神戸在住の日舞の先生で

56歳くらいで、八重歯がチャームポイントの人というのは

わかる人にはわかりそうです。

 

もしかすると

そのうち情報がでてくるかもしれません。

 

 

 

 

Sponsored Links

-男性有名人