キャンプ最強の虫除けはこれ!殺虫剤不使用"ウェル蚊ム" | ティータイムにしよかね?

ティータイムにしよかね?

ティータイムのお供にサクサク読める時事ネタや話題トピックをお届けします

気になるモノ

キャンプ最強の虫除けはこれ!殺虫剤不使用”ウェル蚊ム”

Sponsored Links

夏は蚊との闘いの季節。かゆくてイライラしたり、寝ているときのキーンという羽音もうざいけど

蚊を媒介して感染するデング熱などのほうがもっと怖い!

小さな子供のいる家庭では特に不安ですよね!

 

  • 昔ながらの蚊取り線香は子供が触ると怖いので使えない。
  • 薬剤を散布するコンセントタイプは蚊を殺す薬剤を吸い込むって赤ちゃんの体は大丈夫?
  • キャンプやバーベキューで使える屋外OKの蚊取り線香が欲しい!
 

ニュースを見ていて知った

ウェル蚊ム

という吸い込む蚊取り線香。

即完売した新世代蚊取り線香が8月上旬再販売らしいです。

 

うわ!これほしい!!

 

Sponsored Links


 

殺虫剤を使わない新タイプの蚊取り線香ウェル蚊ムって何?


画像元:http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002863/

 

誘蛾灯で蚊をおびき寄せたら、

ファンで吸い込んで蚊をキャッチする蚊取り線香なんです。

一度キャッチした電源を切っても蚊は逃げられません。

 

 


画像元:http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002863/

 

 

大きそうに見えますが13センチ四方とコンパクト!

 


画像元:http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002863/

 

 

USB対応のみというのがちょっと残念です。

コンセントでも利用できる2Wayのほうが活躍できると思うんですが、

キャンプやバーベキューなど屋内で利用したい方には便利ですよね。

USBでモバイルバッテリー使用できるって。

 

どうして私がウェル蚊ムを欲しいと思ったかって?

 

 

子供には殺虫成分ディートを避けたい!殺虫剤無使用が安心!


赤ちゃんや子供って体質によっては

蚊に刺されるとパンパンにはれたり、水ぶくれが出たりします。

そこをかきむしると菌がついてとびひになったりします。

 

そして、近年日本でも症例が報告されるデング熱も子供を持つ家庭には脅威です。

 

対策は蚊に刺されないこと!!

 

私は子供に虫除けスプレーをするのを極力避けています。

というか、スプレーは絶対に使いません。

 

理由は、殺虫剤成分であるディート。

これを子供が吸い込むのが怖いから。

ディートって危険物扱いされる薬品で、これが入っているから蚊よけのスプレーって効果があるんです。

 

ディート(DEET)はダニや蚊に対して効果がありますが、

使用上の注意として飲み込んだり、吸い込んだりしてはいけないんです。

 

蚊よけスプレーってむちゃくちゃ周りに飛びません?

香料入りなら匂いでわかるから子供も息を止めますが、

無臭タイプだとわからないから普通に呼吸しちゃう。

 

ディートの使用注意ポイントは

  • 飲んだり吸入したりしないよう注意が必要。
  • 特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。
  • 乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る。
  • 子供同士で虫よけ剤を塗ったりスプレーしたりさせない。
  • 衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない。
  • 長時間塗ったままにしない。子供で約4時間、大人で約8時間程度を目安とする。さらに長時間の使用が考えられる場合は、濃度の低いものを使用するか、薄く塗る方法をとる。
  • 帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は速やかに石鹸などを使い、洗い落とす。
  • 虫よけ剤は子供の手の届かないところへ保管する。
  • 夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る。
ウィキペディアより

 

吸い込んでもだめ、飲み込んでもだめ、目にも口にも入ってはだめなものを

赤ちゃんや幼い子供に付ける。

 

肌の弱い赤ちゃんにはそんな虫除けあんまりつけたくないですよね?

 

 

これが怖くてうちは虫除けは天然成分のものを使用しています。

 

このパーフェクトポーションはオーストラリア産ですが、

日本でも買えます。

生後6か月から使えます。

 




 

 

でも、キャンプの時に夜、使えるものはないかな~?と探していたんです。

USB対応なら海外で電圧が違っても使えるのがポイントでした。

夜、バーベキューすることも多いので屋外で使える蚊取り線香は大活躍。

 

 

海外旅行でインドネシア、マレーシアなど

マラリア感染の可能性のある地域への旅行にもいいですね。

 

というわけでウェル蚊ムにとても魅かれました。

 

ウェル蚊ムが買えるのはこのお店

8月中旬再入荷らしいですよ!

 

 

まとめ

蚊に刺されるかゆみよりも感染症が怖いから避けたい蚊に薬剤なしで蚊よけは画期的!

ウェル蚊ムほんとに欲しいです。

 

 

これから温暖化が進むと

日本でもマラリア…という可能性がでてくるのかなぁ。

 

とにかく蚊に刺されないようにしたいですね!

子供のお友達に蚊アレルギーの子供がいますが、

蚊に刺されるたびにぱんぱんに腫れてます。

 

蚊アレルギーって初めて聞きましたが、いるんですね。

赤ちゃんに安全な蚊取り線香をお探しならぜひチェックしてみてください。

 

パーフェクトポーションもおすすめ!

Sponsored Links

-気になるモノ